大切な自分の家のメンテナンスは、家の住みやすさを維持するだけではなく資産として価値を下げないためにも必要なことです。その家のメンテナンスの中でも直接家に大きな影響があるのは外壁の塗装です。家は紫外線や雨、風などの天候によって経年劣化が進んでいきますので、10年前後に1度の外壁塗装は必ずやるべき、家のメンテナンスとなります。

ところが、家の外壁塗装については、業者選びがとても大変です。実際にインターネットで検索をしても一部上場企業から地元の業者などいろいろな業者が広告を出していますし、当然のこととしてウェブサイトでも情報を発信しているということもあり、どの業者を選べばいいのかということは外壁塗装工事をする上では特に大事な問題です。次に、業者選びをするにしても、信頼出来る業者を選ぶべきだと思いますが、大手の業者でも信頼出来るでしょうし、地元の業者でも信頼できる業者がいた場合に、どのように比較をして、最終的に自分にあった業者を選んでいいのかというのはもっと難しいところだと思います。そこで、大手業者を選んだ場合のメリットとデメリット、地元業者を選んだ場合のメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。

大手業者のメリットとデメリット

大手業者の場合は、施工事例がとても多いということと、やはり資本力があるので、外壁工事をしたあとに対して何かしらトラブルや問題があった場合には、会社の責任でしっかり対応してくれるところが、大手業者のメリットです。大手業者の場合、工事費には人件費や技術料、そして塗装料の他にアフターフォローのコストも当然組み込まれていますし、作業に関する責任については大手業者にありますが、実際の作業をする場合は、下請け業者に依頼していますので、それに対するフィーが上乗せされるということもあって、その結果地元業者よりも価格が割高になるというデメリットはあります。ただ、その分しっかり保証をしてくれるので、万が一そういう問題があった場合にはしっかり責任を以て対応してくれます。また、外壁塗装をする場合には10年後も依頼をする場合に、大手業者の場合は作業内容が保存されているので、将来的にも依頼しやすいということも、大手業者を選ぶメリットとすることが出来ると思います。

地元業者のメリットとデメリット

地元業者に依頼した場合には、まず、料金が大手業者に比べると割安になります。その理由は大手業者の場合は下請け業者に実際の作業をしてもらうことになるので、大手業者はその作業のマージンを乗せるという料金体系になっていますが、地元業者の場合は、マージンが無いか、あってもそれほど大きな金額になりませんので、大手業者の価格と比べると抑えられます。また、地元業者の場合は依頼者の近所にあるということもあり、物理的に近いということもあって、なにか問題点が発生した場合にはすぐに駆けつけてくれることも地元業者のメリットといえます。

デメリットとしては、その業者が本当にいい業者かどうか判断するのが難しいということです。知り合いがこの業者はいい仕事をしてくれるということで推薦してもらえた場合はいいですが、自力で探しているときに、その業者が本当に優れているのかどうか、調べる情報がとても少ないということです。それと、アフターフォローに関しても、地元業者の場合、景気が悪くなって倒産をしてしまった場合には、工事に対する責任を取ることが、事実上できなくなってしまうというリスクがあります。そのため、地元業者に外壁塗装の工事を依頼する場合には、万が一のときに備えて、
・建築産業専門団体連合会による「長期性能保証制度」
・日本塗装工業会の「ペインテナンス」
・マスチック事業協同組合連合会による「長期性能保証」
などの保証があるかどうかは事前に調べておく必要があります。