外壁塗装の色ってなんでもいいの?

外壁を塗装するとなると、色はなんでもいいのでしょうか。実は、外壁の色にも選び方があるのです。どうしても自分の色にしたいという方は仕方がないのですが、これだけは知っておいてほしいということを挙げていきます。

まず、強い色はできるだけ避けることです。
近年では、原色に近いような色の住宅も時折見かけますが、原色のような強い色で塗装すると、劣化がとても目立ってしまいます。色あせや変色をとてもしやすいのですね。ですから、余程のこだわりがない限りは、肌の色のような薄い色を選ぶようにしましょう。

また、僻地に自分の住宅がぽつんと建っているという場合を除き、周りの住宅との兼ね合いを考えた方がよいでしょう。
あくまでも、住宅というのはその地域の景観のひとつです。ですから、景観を損ねるような色はできるだけ避けるべきなのです。とても強い色に塗り替えて、結果自分の住宅だけがとても目立ってしまうことで、何かメリットはあるでしょうか。むしろデメリットしかないのではないでしょうか。あくまでも周りとの兼ね合いを考えて、あまりに浮きすぎないような色の塗装をすることが重要です。

また、黒や白のような色にすると、とても汚れが目立ってしまいます。
確かにシンプルでかっこいいのですが、汚れがあまりに目立ちすぎるというのもとてもかっこ悪いものです。ですので、余程頻繁に外壁の掃除をするというようなマメな人以外は、黒や白は避けておいた方がよいでしょう。といっても、最近では塗装も進化してきまして、汚れにくい白の塗装なんかもあります。
基本的に、外壁は落ち着いた色が最もよいです。そして、もし緑があるようであれば、緑を目立たせるような色にするのが尚よいでしょう。

外壁の色にはさまざまなものがありますが、基本的には、どの色にするかよりも住宅をどれだけ保護できるかを重視して考えるものです。
私はあくまでも一般的な意見を述べているだけなので、はっきりいってお金さえだせば近年では原色なのに汚れがあまり目立たないような特殊な塗装もありますので、自分の思っているような塗装ができるかどうか、業者に相談してみるのが一番いいかもしれませんね。よく考えて、どのようなものがあるのかを吟味してから、色を選んでみてください。