外壁塗装は、家の外壁を塗りますので、リフォーム工事ほど費用はかかりませんが、それでも金額的に小さいものではありません。そのためできれば少ない負担でできればいいのですが、条件や地域によっては外壁塗装に対して補助金や助成金が支払われる場合があるのをご存知でしょうか。補助金と助成金とは、地方公共団体が支払うお金でして、融資ではないので、申請して承認されれば「もらえる」お金であり、返済する必要はありません。ただ、補助金や助成金は、税金の運用の一貫ですから、どんなことに対しても支払われるものではなく、支払うための条件が決められていますし、すべての地方公共団体が対応しているということでもありません。そこで、補助金の受け取る方法とどういう条件があるのかということをご案内したいと思います。

申請条件について

補助金や助成金の申請条件については、それぞれの地方公共団体が画一的なものではなく、地方公共団体によって異なります。そのため、外壁塗装について補助金や助成金の申請をする場合には、あらかじめご自分の住所地である地方公共団体(一般的には都道府県ではなく、市役所や区役所の場合が窓口になっているケースがほとんどです)のホームページに概要が掲載されているので、まずはそちらをチェックするようにしましょう。

また、外壁塗装だからということで、全ての外壁塗装について補助金や助成金が支払われることはありません。地方公共団体によっては様々な条件が提示されています。例えば、東京都港区の場合は、建築物の屋上又は屋根に高反射率塗料等の被覆工事を実施する建築物の所有者(個人、管理組合等、法人、個人事業者)に、材料費の一部又は全部を助成するというもので、これは無条件で募集しているのではなく、地球温暖化対策及びヒートアイランド対策のため実施している助成金の制度です。また、世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金の場合、助成金を受ける対象となる工事は。世田谷区のホームページから以下の通り引用しますと、

ア、外壁等の断熱改修(断熱材を使用した外壁、屋根、天井又は床の改修工事)

イ、窓の断熱改修(二重窓、二重サッシの取付け)

ウ、窓の断熱改修(複層ガラスの取付け)

エ、屋根の断熱改修(高反射率塗装)

オ、太陽熱ソーラーシステム、又は太陽熱温水器の設置

カ、節水トイレの設置

キ、高断熱浴槽の設置

ク、分譲マンション共用部改修(LED照明器具設置)

ケ、分譲マンション共用部改修(段差解消や手すり取付け)

かつ、「アからキ」のいずれかに併せて「コ」又は「サ」を行うとき

コ、高効率給湯器の設置

サ、住宅の外壁改修

としていて、外壁関係で言いますと、エとサになりますね。これに併せて、申請することの出来る人の条件として、
・世田谷区に住民登録がある。
・特別区民税の滞納がない。
・「補助事業の説明(10版))」にある改修工事のいずれかを実施し、機器類の種類、評価基準等などを満たしている。
・建築基準法令に適合している建物である。
・耐震性の確認ができる。(昭和56年6月1日以後に建築確認を行った住宅)
・区の他の補助金を受けていない。(耐震改修助成を除く)
・これまでに、この補助金を受けていない。
・区内に本店、又は支店などを置く施工業者(個人事業者を含む)と契約し、施工する。
以上の条件をすべてクリアしていることでやっと申請出来るということになります。
引用元:世田谷区ホームページ 「令和元年度 世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金

後は補助金や助成金は条件に合致すれば大丈夫ということではなく、それぞれの地方公共団体では補助金や助成金の予算を決めていますので、予算を使い切ってしまうと、その時点で募集が終了して、翌年度の予算で対応する場合も対応しない場合もあり、こちらについても注意が必要です。