外壁の塗装は、それなりに費用がかかりますので、実際に外壁の塗装工事をした場合には、それなりに家計に影響を与えることになります。そのため、負担がかかるということもあって、低価格を売りにしている悪徳業者を使ってしまうということの原因にもなっています。ところが、ある程度条件さえクリアすれば、火災保険を使って外壁塗装の工事をすることが出来るというのはご存知ですか?出来ればあまり大きな負担がなく、せっかく加入している火災保険を有効に使う方法をご案内したいと思います。

どうして火災保険で外壁塗装が出来るのか

では、どうして火災保険で外壁塗装をすることが出来るのか、考えていきたと思います。火災保険というと、火事によって家が燃えてしまったり、延焼で自分の家だけではなく、近所に迷惑をかけてしまった場合に下りる保険と思う人が多いと思います。ところが火災保険は火事だけではなく、自然災害、例えば風水害や雪害などによる被害に対しても補償してくれるのをご存知だったでしょうか。つまり、自然災害によって家の修理の一環として外壁塗装をする場合には、火災保険によって保証してくれます。なお、ここで大事な点は、これらの外壁工事などを含めたリフォームを火災保険で行う場合には、風災などの自然災害によるものでなければいけないということです。実際に自然災害によって被害を受けて火災保険の適用になるのかというと、
・ 台風によって、屋根瓦が壊れてしまってその結果雨漏りになってしまった
・ 台風の強風などで瓦がずれてしまったり、屋根材が飛ばされてしまった
・ 豪雨によって雨漏りは発生してしまった
・ 竜巻が起きて、その結果飛来物が飛んできて屋根が壊れてしまった
・ 雹が降ってしまい、屋根が壊れてしまった
こういう状況に鳴ってしまった場合には、火災保険が適用されて、これらの被害を治すための外壁塗装などが出来るようになります。

一方で火災保険が風災の被害などであれば、どんな被害でも適用されるということはありません。具体的には
・経年劣化による屋根や外壁の破損
・新築時のときから雨漏りがあった
・例えば屋根に新しいものを設置したら、雨漏りがはっせいするようになった
このように明らかに風災によるものではないと判断された場合には火災保険の適用はありません。つまり、風災の被害ではなかったり、従来から状態が悪かったり、あるいは、自分で太陽光パネルなどを設置したら、屋根の状態が悪くなったというのは、自己責任ということになり、火災保険の適用になりません。

火災保険で補償してもらうためには

このように故意にされたものに関しては、自然災害による被害ということになりませんので、この場合は火災保険が適用されません。そのため経年劣化の場合は火災保険の適用は難しいのですが、

しかし、一方で外壁や屋根が劣化しているのは経年劣化での症状と思っていても、実際には風災に当てはまるものが多く、経年劣化だと保険が適用されないと思って諦めてしまう人も実際にいますので、まずは保険会社に連絡をして診断してもらうようにしましょう。なお、火災保険で風災等の被害によるものと判断するのは、誰がするのかというと、これは保険会社が委託する日本損害保険協会の鑑定資格を保有している鑑定人が鑑定をすることになっています。保険会社は保険金を支払うということについては、それが正しいものであれば、しっかり払ってくれますので、何度も書きますが、まずは保険会社に相談をして、診断してもらうようにしましょう。

保険申請できる期限は?

保険会社に対して風災の申請ができるのは、風災を受けてから3年間の間です。ただし、台風というのはほぼ毎年日本に来ますよね。つまり、これは実質無期限で保険金支払いの申請ができるということになります。